厄介な彼女との別れ

begerrtyyyy

喫茶店でコーヒーを頼むと、昔付き合っていた彼女のことを思い出します。
彼女と言っても今では本当に厄介な疫病神みたいなものだと思っています。

たいてい、「彼女がいる」と言うと「いいな~」という返事が返ってくるのですが、
それは一般的な見解であって現実は逆です。特に僕の場合は。

なぜかというと、付き合っていた彼女はちょっとした障がいがあり、それも
発症するとかなり重症な状態で必ず僕がそばに居ないと落ち着かないのです。

そして、別れ話を切り出そうと思い、喫茶店に行くと必ずコーヒーを頼んでいました。
厄介だと感じたのはその後で、ダラダラと昔の過去のことを話し始めるのです。

僕にとってはどうでもいいことなので、聞き流していると、「ねえ、聞いてる?」
と尋ねられ、時計の針を見ると3時間を過ぎていたこともあります。

そんな日々を過ごしていた僕は彼女のことがだんだんと嫌いになり、
大久保の風俗に足繁く通っていました。

もちろん、大久保まで通っていたことは彼女には話していないのですが、
もう彼女も結婚適齢期を過ぎており、これからどうしようというのが本音でした。

一歩間違えば彼女と結婚させられるかもしれないと思い、僕は何度かめの喫茶店で
きっぱりと別れ話を切り出しました。すると、彼女は泣いてしまい、
それ以来、僕自身も女性に対して抵抗が出来てしまいました。

PR
大久保風俗 VIP初っ娘

Posted in 未分類 | No Comments »